セツブンソウ@栃木

c0085622_212947.jpg
2月最後の週末に、あしだち(足立・自然にふれあう会)のメンバーと一緒に、栃木県大田原市のハクチョウ飛来地とザゼンソウ自生地に出掛けました。そこでは、お目当ての対象が観察できたのですが、セツブンソウだけは見ることができませんでしたから、急遽星野に足を運び、セツブンソウを観察することにしました。
c0085622_2128315.jpg
星野の郷には、すでにたくさんのセツブンソウが咲き始めていました。
c0085622_2128183.jpg
5枚の白い花びらのように見える部分は萼片になります。黄色くて先端が丸くなっている部分が、本来の花弁になります。
c0085622_21283296.jpg
セツブンソウは、主に石灰岩地の林床に群生する、スプリングエフェメラルの一種になります。
c0085622_2129468.jpg
白い萼片、黄色い花弁、青紫色の雄しべが、セツブンソウ独特の風情を醸し出していました。
c0085622_21292997.jpg
林床のところどころ、にセツブンソウが花を咲かせていました。節分の時期の今頃に観察できる山野草ということでセツブンソウという名前が付けられますが、ここではとてもたくさんの花が盛りを見かえていました。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-03-03 22:20 | 山野草
<< 正丸峠~伊豆ヶ岳~子の権現 日溜まりのフクジュソウ@大田原 >>