自然観察園のセツブンソウ@調布

c0085622_20572390.jpg
先日、野鳥写真の知り合いからコイカルの情報を貰いましたが、たまたま隣接するこの公園の自然観察園では、昨年も一昨年もセツブンソウを観察していました。今回もちょっと足を延ばして行ってみたところ、期待に違わず、可憐な花を咲かせてくれていました。
c0085622_20572134.jpg
セツブンソウは、もともと石灰岩質の林床に群生する山野草ですが、ここの自然観察園ではその一角に、見事な群落を作ってくれていました。
c0085622_20565779.jpg
白くて花弁のように見える5枚の花弁は、顎片になるとのことです。
c0085622_2057949.jpg
花冠の青紫色に見えるところが雄しべの葯で、黄色く見える部分が花弁であるとのことです。葉は掌状で3全裂していて、さらに細裂しています。
c0085622_20571220.jpg
旧暦の節分の頃に開花することから、セツブンソウという名前が付けられたということです。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-02-17 21:16 | 山野草
<< 早春を飾る自然観察園の花@調布 林床のフクジュソウ@調布 >>