春の気配を感じます。

c0085622_23264029.jpg
このところ、ずっと寒い日が続いています。そのため、先日首都圏に降った雪はまだ融けず、所々に固まって残っていますが、お天気に恵まれたこの日は、近郊の公園へ野鳥観察のために出かけてみました。
午前中は一生懸命歩き回り、何とかお目当ての野鳥写真を撮影することができましたから、日向ぼっこしながらお昼のお弁当を広げて休んでいると、すぐ近くの草むらに青い可憐な花を見つけました。
あっ、オオイヌノフグリだ! もう花を咲かせていたんだね。嬉しくなってカメラを構えました。
c0085622_2327667.jpg
年が明けたばかりで、これからが冬本番だと思っていたのですが、陽だまりの落ち葉が散り敷く草むらに、こんなにしっかりした花を咲かせてくれていました。寒い寒いと震えてばかりいないで、野外に出てこんな姿を目の当たりに見ると、春の訪れを身近に感じさせてくれます。
c0085622_23271150.jpg
どうですか、彩りといい、姿かたちといい、見事な花ではないですか。
とても小さい花ですが、あと一月もすればこの辺り一面に、青色の花畑が広がってくれることでしょう。 そして、いろいろな山野草が咲き競う、春はもうそこまで来ていますね。
c0085622_23264567.jpg
アップで撮影すると、2本の大きな蕊があることが分かります。
c0085622_23265662.jpg
これも、すぐ近くに見つけたホトケノザのピンク色の花です。寒さの中に縮まって、赤い蕾を膨らませているようですが、気の早い花が1本だけ、時期を間違えて咲いてしまったようです。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-01-22 12:39 | 山野草
<< 渡良瀬遊水地の風景 生藤山から陣馬山へ平成25年最... >>