畳平の花畑にて

c0085622_22184120.jpg
乗鞍岳の頂上を極めた後、下山してまだ時間がたっぷりありましたから、畳平の花畑へ足を運びました。ここではウサギギクで吸蜜するクジャクチョウを間近に沢山撮影することができました。
c0085622_2218562.jpg
ウサギギクが群落を作っていたこの場所では、とてもたくさんのクジャクチョウを観察することが出来ましたが、この写真の中には3頭を同時に写し込むことが出来ました。
c0085622_22181067.jpg
クジャクチョウの裏面を撮影したものですが、表面に比べると対照的で、黒褐色の目立たない色合いをしています。
c0085622_22184860.jpg
このように、目玉模様が美しく確認できるところが、クジャクチョウの一番の特徴になると思います。図鑑によれば、幼虫はホソバイラクサやカラハナソウなどを食草としていると、解説がありました。
c0085622_22182394.jpg
畳平の花畑の中には、観察用の歩きやすい木道が整備されていました。これは、その木道のすぐ脇に生えていた、ミヤマアキノキリンソウの株を撮影したものです。
c0085622_22182921.jpg
花畑の木道を進むと、今度は青紫色の美しいイワギキョウの株を見ることが出来ました。隣のミヤマアキノキリンソウも低かったのですが、この草丈も10㎝前後くらいだったと思います。
c0085622_22183444.jpg
畳平の花畑を歩いていると、すぐ上を仰ぎ見ると、ローソク岩がそそり立っていました。自然の造形美といえるのでしょうが、大きな地震があったら、崩れてもおかしくない状況でした。
c0085622_22194790.jpg
この写真の右上に見えるのがローソク岩です。山全体が岩で覆われていますが、こんな形に岩がそそり立っているのも不思議です。
c0085622_22185529.jpg
畳平の花畑の中には、ヨツバシオガマも群落を作っていました。図鑑によれば、亜高山帯から高山帯に生えるゴマノハグサ科の多年草ということですが、ピンク色の花穂を立てた姿が、高山植物の中でも目立つ存在でした。
c0085622_2219383.jpg
カラマツソウのような花をつけたこの群落は、何という花になるのか分からなかったので、教えてくださいとお願いしていたところ、あしだちの山歩きの好きな仲間からモミジカラマツであるとのご教授を頂きました。早速図鑑で調べてみると、間違いはありませんでした。
c0085622_22191538.jpg
白くてかわいい花の群落がありました。ハクサンイチゲです。5弁の花弁があるように見えますが、白い部分は萼片になるとのことです。
c0085622_22193890.jpg
ハクサンイチゲは、群落を作って美しい姿を見せてくれました。高山帯の乾いた草地に生える多年草ということです。
c0085622_22192942.jpg
こちらは、地衣類のようにも見えますが、ツツジ科のアオノツガザクラです。花は、壺型の淡黄色をしています。
c0085622_22195630.jpg
最後は、コバイケイソウの花です。畳平では、ほとんど見られなかったのですが、この花畑には3株だけ花を見ることが出来ました。
c0085622_2219992.jpg
コバイケイソウの花をアップで撮影してみました。この花は、ユリ科の高山植物になります。図鑑を見るとコバイケイとされていて、コバイケイソウという名前は別名とされていました。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-09-11 23:16
<< 畳平から桔梗ヶ原にかけて 乗鞍岳の頂を目指して >>