御岳山のレンゲショウマ

c0085622_21424437.jpg
このところ、ブログへの投稿が遅れ気味で、大きなタイムラグが生じていることに心配してくれる方からアドバイスをいただき、早く出さなければいけないと気が焦っていたのですが、気が付いたら御岳山で撮影した写真を紹介するのをすっ飛ばしていました。
8月18日にあしだちの有志とともに足を運んだのですが、下界の猛暑を忘れさせてくれる涼しい環境と、このレンゲショウマをはじめとするたくさんの山野草を観察できて、現実を忘れるほど堪能させてもらいました。
c0085622_21423384.jpg
ケーブルカーを降りて、すぐに富士峰園地へ足を運ぶと、たくさんのレンゲショウマが出迎えてくれました。例年であれば、既に花の盛りであると思ったのですが、まだまだ蕾が多く、3分咲きくらいかなと思うような状況でした。
c0085622_21422966.jpg
紫色に色が変わった蕾です。きっと、この蕾は明日には花開くであろうと思われます。左側の薄緑色の蕾は、未だ膨らみ切っていませんから、開花まであと数日を要するものと思います。
c0085622_21422114.jpg
それにしても、レンゲショウマは撮影が難しい山野草であるとつくづく思いました。暗い上に周囲にほかの植物や樹木の幹が密生していますから、なかなか絵になるポイントが見つかりません。
c0085622_21424040.jpg
花が下向きに咲くというのも、撮影に苦労する点だと思います。上から撮影しても、萼片しか映りませんから花の写真としては雰囲気が出ませんからいただけません。
c0085622_21425237.jpg
どうしても下から覗きこむように撮影しなければなりませんから、撮影するポーズが苦しくなります。ただ、この日使用したカメラの液晶画面は、角度を変えられるアングル式であることにずいぶん助けられました。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-08-30 22:01 | 山野草
<< 御岳山にて 大菩薩で観察したチョウの仲間 >>