木曽御嶽高原にて ~ その2

c0085622_2321066.jpg
二人と一匹で遊んだ木曽御嶽山の御岳ロープウェイを登った標高2,150mにある高山植物園でたくさんの高山植物などを観察してきました。これは、ミヤマチドリの花になります。
c0085622_2322265.jpg
ミヤマチドリは、ラン科の高山植物で、別名ニッコウチドリとも言うようです。高さ15cmほどのか細い花茎を立てていました。
c0085622_2324696.jpg
高山植物園のいたるところに咲いていたこの黄色いタンポポのような花はミヤマコウゾリナになります。
高さは20cm~40cmくらいのものまでたくさんありました。総苞に剛毛が目立ちます。
c0085622_2343053.jpg
これは、ユキノシタ科のヤグルマソウです。葉は小葉5個からなる大型の掌状複葉です。
c0085622_2354240.jpg
同じユキノシタ科ですが、こちらはハナチダケサシになります。草丈は6~70cm程度です。
c0085622_2361330.jpg
花弁の形状がカラマツのように見えるところから、カラマツソウという名前が付けられています。花の直径は1センチ前後でした。
c0085622_2372338.jpg
最後はゴゼンタチバナです。ミズキ科の山野草です。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-08-22 23:55 | 山野草
<< 高尾山のイワタバコ 木曽御嶽高原にて ~ その1 >>