地蔵峠のオオミズアオ

c0085622_2193970.jpg
7月の3連休を利用して、池の平湿原と湯の丸山へ足を運んできたのですが、地蔵峠で車中泊をしている時、夜間に駐車場の公衆トイレに行ったところ、とてもたくさんの蛾の仲間が蛍光灯の灯に集まってきていました。
c0085622_2192750.jpg
そんなたくさんの蛾の仲間の中で、ひときわ大きくて美しい蛾が、バタバタ飛び回っていましたから、嫌でも目につきます。すぐに車に取って返し、カメラを持ち出して早速の撮影を始めました。
c0085622_2193383.jpg
これは、ヤママユガ科のオオミズアオです。図鑑によれば翅開長は100㎜~120㎜ということで、すごく大きな蛾=モスラですから、一目見ただけでオオミズアオであることが分かりました。
c0085622_2195169.jpg
小学生の頃に八ヶ岳のキャンプに行った時に初めてオオミズアオを見た記憶がありますが、とても大きくて幻想的であったという印象があります。いつかはそんな大きな蛾を撮影したいと思っていましたが、こんなところで撮影できるとは思ってもいませんでした。
c0085622_2195664.jpg
オオミズアオの体は白色で、脚は赤色をしています。小学生の頃に見たオオミズアオはもっと青色味が強かった印象です。調べてみると春型は青白色をしていますが、夏型はこのように緑色味ある色合いをしているとのことでした。
ストロボを発光させて撮影したものですが、モスラの眼が光っています。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-08-17 21:35 | チョウ・ガ
<< 八丈島のイタチ 湯の丸高原にて ~ その4 >>