ヒメアシナガコガネ

c0085622_21544917.jpg
湯の丸山の中腹にある臼窪湿原で木道を歩いていると、草の上に見慣れない甲虫の姿を見つけることが出来ました。
c0085622_21551218.jpg
名前もわかりませんから取り敢えず写真に撮影して、自宅に戻ってから図鑑を調べてみると、どうやらコバネムシ科のヒメアシナガコガネであるということが分かりました。
c0085622_2155048.jpg
ヒメアシナガコガネは、黄色い背面に黒褐色の斑が目立ちますが、個体により変異が多いとの解説がありました。
c0085622_21552387.jpg
全長は6.5~10㎜ということですから、コガネムシの中でも割合小さい種類になると思います。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-08-09 22:03 | 昆虫
<< 湯の丸高原にて ~ その1 湯の丸高原のアヤメとクジャクチョウ >>