池の平湿原にて~その4

c0085622_21362265.jpg
池の平湿原からちょっと登ったところにあるおとぎの森の入り口で撮影したシャクナゲの花です。図鑑で調べてもちょっと自信がありませんが、ハクサンシャクナゲではないかと思われます。
c0085622_21364843.jpg
草原に白い綿毛をつけた花の群落を見つけました。キク科のウスユキソウになると思います。
c0085622_21365322.jpg
同じ仲間のヨーロッパウスユキソウは、歌の題名にもなっているエーデルワイスという名前でよく知られています。
c0085622_21372745.jpg
こちらはコマクサの群落のすぐ脇の、溶岩の砂礫地帯に咲いていたタデ科のオンタデの花です。名前の由来は、木曽の御嶽山に由来するものといわれています。
c0085622_2138383.jpg
池の平湿原のあちらこちらで観察することができたこの花は、白い花の形がカラマツの葉に似ているところから、カラマツソウと名付けられているキンポウゲ科の植物です。
c0085622_2139838.jpg
湿原の中に、オレンジ色のツツジが一株だけ咲いていました。ツツジの仲間はよく分かりませんが、色合いからレンゲツツジになると思います。
c0085622_21391090.jpg
池の平湿原のバスの発着場の脇に咲いていたこれもレンゲツツジだと思います。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-08-06 21:58 | 山野草
<< 湯の丸高原のアヤメとクジャクチョウ 池の平湿原にて~その3 >>