奥日光のキマダラヒカゲ

c0085622_22161482.jpg
奥日光リベンジをしていた中で、一番たくさん観察したチョウの仲間はキマダラヒカゲであったと思います。これは、後翅基部の白斑の出方からヤマキマダラヒカゲであると思います。
c0085622_22163763.jpg
こちらの個体は、赤沼茶屋から小田代ヶ原に向かう途中で観察した個体ですが、奥日光はヤマキマダラヒカゲだけだと思っていたのですが、この個体は後翅基部の白斑の出方から、サトキマダラヒカゲであると思われます。
c0085622_22164396.jpg
小田代ヶ原のベンチで撮影したこちらの個体も、サトキマダラヒカゲのようです。標高はかなり高いと思われますが、ここではヤマキマダラヒカゲとサトキマダラヒカゲが混生しているようでした。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-07-11 22:23 | チョウ・ガ
<< 小田代ヶ原のアヤメ群落 戦場ヶ原のハクサンフウロ >>