戦場ヶ原のツルコケモモ

c0085622_2058209.jpg
戦場ヶ原の木道を歩いていると、湿地のコケが密生している場所にピンク色をした花の一群を見つけました。撮影した時は、名前も分かりませんでしたが、後から調べてみるとツツジ目ツツジ科のツルコケモモであることが分かりました。
c0085622_20581415.jpg
近づいてよく見ると、カタクリの花のようにピンク色の花弁を、後ろに大きく反り返らせた、2cmほどの小さい花であることが分かりました。
c0085622_20582611.jpg
群落をアップで撮影したものですが、ピンク色の花弁は4枚であることが分かります。また、花茎には細かい毛が密生していることもわかります。
c0085622_20583134.jpg
花弁の全長は2cmにも満たない小さなものですが、全高20cmほどの常緑低木で、秋口には果実が漿果となり、径1cmほどの球形で赤色に熟し、クランベリーとして食用にされるとのことでした。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-07-05 21:08 | 山野草
<< 戦場ヶ原のコチャバネセセリ 木道脇のショウキラン >>