ハウチワカエデの花

c0085622_21391243.jpg
野鳥観察のために大菩薩峠へ足を運んだのは5月中旬でしたが、樹の上にはちょうど紅い花が咲いているところでした。
c0085622_2139257.jpg
若い葉が芽生え始めたばかりの枝に紅い色どりの花は対照的で、とても色どりが見事でした。
c0085622_21393217.jpg
こんな状態で見る花は、まさに初めてのことでしたから、何という樹の花であるか分かる筈もありません。図鑑で調べたところ、ヤマモミジの花であるように思えたのですが、Ama先生からハウチワカエデでは?とのご指摘をいただきました。なるほど、再度図鑑を参照するとそのようでした。先生ありがとうございました。
c0085622_21393938.jpg
ハウチワカエデは関東地方では標高900~1800mの山地に生育するとのことで、まさに大菩薩峠に当てはまります。また、花はやや大きめで、濃い紅色でとても美しいとの解説がありました。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-06-05 21:50 | 植物
<< 海岸のミヤコグサ 渡り途中のアサギマダラ >>