宮川渓谷にて#1

c0085622_20542044.jpg
ゴールデンウィーク前半に、野鳥観察のために栃木県下の宮川渓谷へ足を運びました。これは、その時ササの葉に留まったところを撮影したミヤマセセリの♂になります。
c0085622_20543186.jpg
カタクリの花も、渓流沿いのあちらこちらに観察することができました。でも、もう最盛期は過ぎたようでした。
c0085622_20543962.jpg
ニリンソウもあちらこちらに群落を作っていました。これは、木漏れ日を浴びた林床で撮影した小群落です。
c0085622_20553484.jpg
とても大きな3枚の葉の中心に、赤褐色味のある花をつけたエンレイソウです。
c0085622_20544714.jpg
エンレイソウの仲間のミヤマエンレイソウです。花が白いところから、別名白花エンレイソウとも呼ばれています。
c0085622_20545571.jpg
苔むした河原の石ころがごろごろしている間に、ハルトラノオが白くて小さい花をたくさんつけていました。
c0085622_20542634.jpg
こちらは、カタクリで吸蜜するイカリモンガです。蛾の仲間ですが、昼間に飛び回っています。
c0085622_20551133.jpg
少し紫色がかったピンク色の花をつけているコスミレが小群落を作っていました。同じ仲間のヒナスミレもたくさんありましたが、花の後部の距が細長いところか特徴です。
c0085622_20544345.jpg
こちらは、ヒゲネワチガイソウです。白い花弁が6枚あり、その先端は尖っています。雄しべは10個ほどもあり、その先端は赤褐色をしているのが特徴の、これはヒゲネワチガイソウです。
c0085622_20554213.jpg
これは、ミチノクネコノメソウです。4枚のガクの中に8個のオレンジ色をした雄しべが観察できるところが特徴になります。
c0085622_20552079.jpg
同じネコノメソウの仲間になりますが、花がやや大きめで、四角形をしているところが特徴の、コガネネコノメソウです。
c0085622_2055475.jpg
ヤマエンゴサク持いたるところで観察することができました。ケシ科の山野草になりますが、独特の形状をしているところが特徴です。
c0085622_2056175.jpg
こちらは、4枚の大きな葉を広げているところが特徴のツクバネソウです。葉の中央から花茎が立っていますが、未だ花は咲いていません。
c0085622_2056840.jpg
最後はエイザンスミレです。花はピンク色がかった白色ですが、葉の形は深く切れ込んだ独特の形状をしているところから、葉を見るだけでエイザンスミレであると識別できます。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-05-13 21:57
<< 宮川渓谷にて#2 カタクリ >>