エイザンスミレ

c0085622_2051135.jpg
ゴールデンウィークに訪れた渓流沿いで見つけたエイザンスミレです。葉は3全裂し、深い切れ込みになること、萼片に付属帯があることと、花の後部の距は太いところが特徴です。
c0085622_20512379.jpg
この花はピンク色が強く出ています。側弁基部の内側は有毛です。
c0085622_20513855.jpg
こちらもエイザンスミレですが、花が白色の個体になります。唇弁には紫色の筋が目立ちます。
c0085622_2051577.jpg
花弁の縁が波打っていることが分かります。これがエイザンスミレの特徴でもあります。この株は、花がたくさん出ていました。
c0085622_20521141.jpg
エイザンスミレの花の色は、白色から濃いピンク色までバリエーションが多いようです。ここの渓流沿いには、様々な花色の個体が観察できました。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-05-10 21:11 | 山野草
<< カタクリ コガネネコノメソウ と ミチノ... >>