カタクリとイカリモンガ

c0085622_2149941.jpg
渓流沿いに、たくさんのカタクリが咲いていましたが、東京周辺からは2~3週間遅れの開花であると思います。このカタクリの花で吸蜜するイカリモンガを撮影することができました。
c0085622_2204993.jpg
イカリモンガは、蛾の仲間ですが、昼間に飛翔する活発な動きを見せてくれました。
c0085622_2211591.jpg
こうして吸蜜していると、翅の裏側の模様しか見られませんが、翅を広げた表側には、碇模様があって名前の由来となっています。
c0085622_21491893.jpg
カタクリの花は最盛期を過ぎて、もう終わろうとしているところでしたが、イカリモンガは元気一杯に吸蜜のために飛び回っていました。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-05-02 22:13 | チョウ・ガ
<< 草むらのオキナグサ 芦ヶ久保から日向山 >>