ミズバショウの群落

c0085622_22214140.jpg
4月14日の土曜日に、あしだちの仲間と高鈴山へイワウチワを見に行く予定にしていたのですが、当日は低気圧の通過で、雨模様の天候になってしまいました。仕方なく、私一人で山登りをしてきましたが、登山口にあたる御岩神社の境内で、この水芭蕉を観察することができました。
c0085622_22214865.jpg
御岩神社の駐車場に到着すると、すぐ脇の境内にあまり広くはありませんでしたが、このように水芭蕉の群落がありました。登山前のひと時に、我を忘れて水芭蕉の撮影に時間を費やしてしまいました。
c0085622_22213572.jpg
水芭蕉は、サトイモ科の山野草ですが、仏炎苞と呼ばれる白色の花弁のような部分が大きく開いて、独特な形状を見せてくれます。
c0085622_22215464.jpg
この日は、雨が降り続いて寒い一日でした。白色の仏炎苞の中央に、緑色の花序を突き出していますが、あと数日もすれば、ここにたくさんの花粉が出て黄色くなります。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-04-24 22:38 | 山野草
<< 高鈴山のイワウチワ 谷川沿いのネコノメソウ >>