コチャルメルソウ

c0085622_22363435.jpg
ハナネコノメでたくさんのカメラマンや登山客でにぎわっていた沢筋には、目立つことはありませんが、あちらこちらにこのコチャルメルソウが可愛い花をさ咲かせていました。
c0085622_22364145.jpg
花茎は、高いもので20cmくらいありましたが、殆どのものはそれより低い状況です。花茎には、細かい毛が密生しています。屋台のラーメン屋が吹くチャルメラに似ているところから、この名前が付いたようです。
c0085622_22365268.jpg
羽状に7~9裂するのが花弁になるとのことです。マルバチャルメルソウというのもあるようで、雄しべが10個もあるとのことですが、この花の雄しべは5個ですから、コチャルメルソウであることが分かります。
c0085622_2237221.jpg
コチャルメルソウは、ユキノシタ科の花です。葉は広卵形で表面に長めの白い毛が生えているのが分かります。この花茎には10個以上の花が付いていました。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-03-24 23:00 | 山野草
<< イラクサ科のカテンソウ ヤマネコノメソウ >>