ハナネコノメ

c0085622_22271296.jpg
自然観察に出掛けると、現地でパンフレットを貰ってくるのを楽しみにしています。今では、ずいぶんたくさん集まりましたが、昨年、足を運んだ高尾山で貰ったパンフレットを見て、ハナネコノメの美しさを知りました。
c0085622_22274264.jpg
こんなに可憐で美しい花があるのなら、これはもう、絶対見に行って写真に撮りたいと思い続けていましたから、一年越しに願いが叶ったことになります。
c0085622_22272896.jpg
他の山野草と同じく、今年は寒さが厳しいことから、例年より開花が遅れているとのことです。いつ行くか、とても迷って春分の日の今日足を運んだのですが、それでも少し早かったようで、満開は今週末くらいのような気がしました。
c0085622_2227529.jpg
白い部分は顎裂片で、赤い雄しべがよく目立ちます。食いしん坊の私は、赤いイチゴが載った、ショートケーキを連想してしまいました。
c0085622_22265266.jpg
図鑑で確認すると、母種に比べて毛が少なく、走出枝は暗紅色であるところが特徴のようです。
c0085622_22272594.jpg
渓流沿いに、幾重にも重なって咲く花は、春を彩るとても美しい様相です。今日はお天気にも恵まれ、大変満足できる一日となりました。
c0085622_22274413.jpg
ここの群落は、まだ完全に開き切っていない花がほとんどでした。今週末辺りが満開のピークとなるものと思われます。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-03-20 22:59 | 山野草
<< ヨゴレネコノメ タネツケバナの群生 >>