ジョロウグモの卵塊

c0085622_21245358.jpg
立木の樹肌に、こんな風な白い地グモの巣のようなものを見たことがありませんか?普段はあまり気が付きませんが、実はこれジョロウグモの卵塊であるということを、この冬初めて知りました。
c0085622_21244698.jpg
ジョロウグモの♀は、11月~12月にかけて、樹の幹にこのような状態で卵を産みます。これが卵塊となってひと冬を越すわけですが、冬の間に、コゲラなどの野鳥の餌にされてしまうこともあるようです。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-02-27 21:42 | クモ目
<< 赤い実をつけたマンリョウ 開き始めたボケの花 >>