ネコヤナギの花序

c0085622_2052837.jpg
まだまだ寒い日が続くこの頃ですが、この日訪れた公園では日溜まりにネコヤナギがふんわりとした花序をひろげていました。これを見ると、春が来たなと実感することができます。
c0085622_20521522.jpg
ネコヤナギは雌雄異株です。葉が出てくる前にこのように花序を開花させます。帽子のような芽鱗を押しのけるように、柔らかい花序を広げていました。
c0085622_20522286.jpg
花開いた花序がこのように紅色をしているのは、ネコヤナギの雄株になります。雌株は淡黄緑色ですから、容易に識別することができると思います。
c0085622_20522983.jpg
たくさんの紅色をした花序が付いている枝です。春の到来を実感させてくれる風情です。図鑑によれば、ふっくらとした花序を猫の尻尾になぞらえて、ネコヤナギの名前が付いたと解説がありました。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-02-22 21:08 | 植物
<< フタホシヒラタアブの仲間 オオイヌノフグリは外来種 >>