厳冬期のシバザクラ

c0085622_20595928.jpg
昨年の繁殖期には、チョウゲンボウの営巣が観察できたと聞いて、繁殖期を迎える前に下見のために、この公園に初めて足を運んでみました。この日の朝はとても冷え込んでいましたから、公園の日陰部分には霜柱が目立ちましたが、日当たりのよい花壇にはシバザクラがちらほら咲き始めていました。
c0085622_210541.jpg
2月の下旬ですから厳冬期といえる時期ですが、こちらは濃いピンク色の花がとてもよく目立ちました。まだほとんど咲いてはいませんが、株によってその色合いが違うなと思いました。
c0085622_2101298.jpg
こちらの花は、ピンク色の花弁の付け根にとても濃いピンク色の斑がアクセントのようによく目立ちます。また、蕊の黄色とのコントラストが何ともいえない色合いです。
c0085622_2101877.jpg
花壇のほとんどが冬枯れの状態でしたが、ここだけは一足早く春の様相を呈していて、シバザクラが群生していました。ツツジ目の園芸種で、ハナシノブ科に属するとのことです。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-02-20 21:02 | 植物
<< オオイヌノフグリは外来種 霜柱の造形美 >>