ユリノキ

c0085622_21525635.jpg
とても大きな木がありました。高さは20mを超えるのではないかと思います。枝先に付いている翼果の形からユリノキであることが分かりました。別名はハンテンボクというそうですが、その謂れがよく分かりませんでした。図鑑で調べてみると、葉の形が半纏に似ているところからその名前が付けられたとのことです。そのほかにも、チューリップツリーといわれていますが、その謂れは花の形がチューリップのような形をしているところから、付けられているようです。
c0085622_2153414.jpg
枝先の翼果をちょっとアップで撮影したものです。この形を百合の花になぞらえてユリノキと名付けたのでしょうか?
c0085622_21531263.jpg
たくさんの翼果が枝先に付いています。この翼果は風に飛ばされて、くるくる回転しながら落下するとのことですから、一度はその様子を観察してみたいと思います。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-12-31 22:09 | 植物
<< ハリギリの実 ハナアブの仲間 >>