晩秋のチョウ2種

c0085622_21465757.jpg
週末の土曜日はひどい雨模様の天気でしたが、日曜日のこの日は気温も上がって晩秋の一日としては、そこそこの陽気となりました。
散策路を歩いていると、葉裏に何やら白いチョウが留まっているのが目につきました。成虫越冬するシジミチョウの仲間のウラギンシジミです。後翅の一部に痛みが見られますが、このままひと冬を過ごすのでしょう。この個体は翅を開くことがありませんでしたから♂か♀かの識別はできませんでしたが、破れた翅の間から見える表の色合いから♀の個体になるかなと思いました。
c0085622_21473322.jpg
こちらは、開けた草原で翅を休めていたキタテハです。このチョウも成虫越冬します。薄日が刺して少し気温が上がったこの日の陽気でしたから、翅を広げて少しでも太陽の恩恵を得ようとしているかのようでした。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-11-21 22:00 | チョウ・ガ
<< ヒレアザミ 晩秋のヤマトシジミ >>