ゲンノショウコ

c0085622_22285270.jpg
事前の天気予報では雨模様の予想でしたが、直前の予報で雨は回避できそうでした。土曜日は雨のため自宅待機をしましたから、日曜日のこの日は思い切って出掛けてみることにしました。
フィールドで目に付いたのは、この濃桃色の花の群落でした。
c0085622_22285846.jpg
すぐ脇には、同じ花ですが白色の花も咲いていました。フウロソウ科のゲンノショウコです。
c0085622_2229418.jpg
ゲンノショウコは、図鑑によれば東日本に白い花が、西日本には紅い花が多く見られるということですが、ここではr両方の花がほぼ同数の群落を作っていました。
c0085622_22292489.jpg
ゲンノショウコは、下痢止めの民間薬として利用されていたようです。飲むとすぐに効果が現れていたことから、現の証拠ということでこの名前が付いたようです。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-10-26 22:40 | 山野草
<< 吸蜜中のキタテハ 八丈島植物園にて >>