自然公園にて #2 (トンボ)

c0085622_2045874.jpg
杭の先に留まったこの赤とんぼは、背面と鼻先も赤くなっているところから、ナツアカネになると思われます。胸側の第2側縫線が太くて、先端が直角に近く切断されるところが特徴となります。
c0085622_2051574.jpg
ヤブランの花柄の先端に留まったこの個体は、胸側の第1側縫線が第2側縫線と接続していることから、コノシメトンボになると思われます。
c0085622_205394.jpg
このトンボは赤くはなっていませんが、胸側の第2側縫線の先端が細くなっているところから、アキアカネになると思われます。
c0085622_207320.jpg
こちらは、夏枯草(カコソウ)と呼ばれるウツボグサの先端に留まっていますが、第2胸側線の先端が黒褐色で太くなっているところから、ノシメトンボになると思われます。
c0085622_21171576.jpg
最後は、サナエトンボ科のウチワヤンマになります。池の中の枯れ枝に止まっていました。ちょっと距離がありましたから、これが精一杯のカットです。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-09-15 21:53
<< 自然公園にて #3 自然公園にて #1 >>