近所の公園にて

c0085622_2234272.jpg
天候不順のこの日は、遠くへ出掛けることを諦めて、近所の公園で自然観察することにしました。
鳴き声もさることながら、個体数がとても多かったのがこのアブラゼミでした。幼虫として何年も土の中で生活して、地上に出てきて生活する期間は1週間くらいありません。セミがカメムシの仲間であることを知ったのも最近のことです。
c0085622_22355186.jpg
サルスベリがとても美しい花を咲かせていました。6月頃花が咲きますから、これは2回目の花かと思ったのですが、百日紅という和名がついているように、花期はとても長いものになります。
c0085622_22344582.jpg
池の畔の石の上で、シオカラトンボを見つけました。腹部が青灰色をしているこの個体は♂になります。
c0085622_22343419.jpg
こちらは、ベンチの上に止まっていた個体ですが、腹部には黄褐色と黒の斑があるシオカラトンボの♀です。
c0085622_22353168.jpg
池の畔のヘクソカズラの群落には、ホシホウジャクも吸密に飛んできました。曇っていて薄暗く、シャッタースピードを上げることが出来ませんでしたから、ブレたこんな写真が精一杯でした。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-08-23 22:54
<< セスジスズメの幼虫と成虫 近所の公園にて ~ チョウ ~ >>