近所の公園にて ~ チョウ ~

c0085622_19373324.jpg
天気が不順となったこの週末でしたので、近所の公園で自然観察をすることにしました。はじめに見つけたのは、このタテハチョウ科のヒメジャノメです。同じ仲間のコジャノメは、樹林内の割合暗いところを好んで生息していますが、このヒメジャノメは明るい場所を生息域としています。
c0085622_1938463.jpg
池の畔にヤナギの樹が生えているのですが、ヤナギ類を食草とするコムラサキでもいないかなと思ったら、本当に飛来してくれました。やはりタテハチョウ科に属します。ヤナギの樹の近くにあった、別の樹の葉の上に止まったところです。
c0085622_19381069.jpg
このコムラサキは、暫く止まっていたのですが、その間に翅を開いてくれましたから、表側の綺麗な紫色の部分を撮影することができました。♀の個体には紫色が出ませんから、これは♂の個体になります。
c0085622_19383518.jpg
続いては、やはりタテハチョウ科に属するサトキマダラヒカゲです。この公園では、割合たくさんの個体を観察することができました。図鑑によれば、日本固有種になるのだそうです。
c0085622_1939435.jpg
池の畔には、ヘクソカズラの群落がありました。ここにも、色々な種類の昆虫が集まっていましたが、その中で目に付いたのがこのイチモンジセセリです。花で吸蜜していました。
c0085622_19392082.jpg
クヌギの樹肌で樹液を吸っていたのはルリタテハでした。やはりタテハチョウ科に属します。2枚ほど撮影したところで、すぐに飛び去ってしまいました。
c0085622_19392645.jpg
公園での観察を終えて駐車場に戻ったとき、アスファルトの路面に止まっていたルリタテハを見つけました。でも、この個体は翅が少し痛んでいるようでした。
[PR]
by COFFEETO2 | 2011-08-21 20:02 | チョウ・ガ
<< 近所の公園にて 自然観察の森にて ~ 昆虫 ~ >>