自然観察の森にて ~ 昆虫 ~

c0085622_2123362.jpg
自然観察の森に入ってすぐのところで、シジミチョウの仲間を見つけました。後翅に尾状突起のあり、その付け根にオレンジ色の斑があるツバメシジミです。わずかに見える後翅の表側が青色をしているところから、♂の個体であることがわかります。
c0085622_2124937.jpg
続いては、葉の上で細身の体を休めていた虫を見つけました。見つけたときは、バッタの仲間と思ったのですが、良くみるとカメムシの仲間であるようです。調べてみると、オオクモヘリカメムシであることが分かりました。
c0085622_2124343.jpg
上から見ると、頭部、前胸と小楯板が緑色で、前翅が茶褐色というコントラストのある色合いをしています。体長は2cm以上はあるちょっと大きめなカメムシの仲間です。
c0085622_2125787.jpg
葉の上で翅を広げて休んでいるこのチョウは、ヒメウラナミジャノメです。表側の模様は、前翅に1個、後翅に2個の目立つ蛇の目模様があります。
c0085622_21251396.jpg
ヒメウラナミジャノメは、翅の裏側に波型模様がありますが、後翅には5個の目立つ蛇の目模様があります。
c0085622_21253952.jpg
草の先に止まって羽を休めているこのトンボはナツアカネです。アキアカネより少し小さい体型で、数もアキアカネよりは少ないようです。
c0085622_21261077.jpg
ハギの仲間と思われる木に止まったキチョウです。翅の裏面に褐色の小斑が認められないことから、♀の個体であることがわかります。腹端を曲げてどうやら産卵をしているようです。
c0085622_21243885.jpg
樹肌に見つけたセミの仲間です。翅が透明で、体に青緑の線が認められるヒグラシです。腹部が太いことから、♂の個体であると思われます。
c0085622_21263478.jpg
草むらの中に見つけたハグルマトモエです。ヤガ科に属する蛾の仲間ですが、翅の幅が7cmほどもあるとても大きな体つきをしています。それにしても、何ともいえない翅の模様に、しばし見とれてしまいました。
c0085622_2271688.jpg
甲虫の仲間も見つけました。全長3cmほどもあるカナブンです。この個体は銅色をしていますが、緑色までバリエーションはかなり色々あるようです。緑色をしたカナブンは、同じ仲間のアオカナブンとの識別が難しいようです。
c0085622_2272945.jpg
最後はカメムシの仲間です。まだ幼虫のようですから名前が分かりません。カメムシは成虫になるまで4~5回も変態しますから、識別は難しいですね。
[PR]
by COFFEETO2 | 2011-08-19 22:31 | 昆虫
<< 近所の公園にて ~ チョウ ~ 自然観察の森にて ~ 草花 ~ >>