峰の原高原散策

c0085622_21414786.jpg
二人と一匹で散策した峰の原高原は、涼感一杯のとても爽やかな場所でした。妻が綺麗な虫がいると見つけてくれたのが、このミカドフキバッタでした。体全体が鮮やかな緑色で、見てのとおり翅が退化して短くなっているのが特徴です。
c0085622_2149485.jpg
ペンション近くの白樺林を抜ける道沿いに、ウバユリの花が咲いていました。倒れないように添え木で支えられていましたが、1メートルほどの高さがありました。
c0085622_21425140.jpg
こちらは、石の上で休んでいたヤマアカガエルです。近づいても逃げずにジッとしていてくれましたから、うまく撮影することができました。
c0085622_21504880.jpg
ツリフネソウ科のキツリフネです。長さ3cmほどの黄色い花があちらこちらに咲いていました。袋状の部分は、萼片の1個になるとのことです。
c0085622_21432594.jpg
階段の手すりに止まっていたのは、ブチヒゲカメムシでした。触覚が白と黒の斑模様になっているところからこの名前が付けられたのでしょうか?
体のヘリの斑模様も良く目立ちます。
c0085622_21481261.jpg
ヨツバヒヨドリの花で吸蜜するこの蛾はトンボエダシャクです。この辺り一帯では、かなりたくさんの個体が観察できました。
c0085622_21512193.jpg
こちらは、キバナノヤマオダマキです。関東地方の低山で観察するヤマオダマキは6月頃に花をつけますが、この高原では、今がちょうど旬になるようです。
c0085622_21543666.jpg
最後は、ヤガ科のウンモンクチバです。三角翼のステルス戦闘機みたいな形をしていますが、翅の模様に何ともいえない味わいがあります。
たっぷり散歩した後は、美味しい食事とビールに酔いしれて、心地よい眠りにつくことができました。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-08-08 22:25
<< 峰の原高原早朝散歩 峰の原高原のチョウ >>