ニッコウキスゲ

c0085622_224026.jpg
先日訪れた草津で観察したのがこのニッコウキスゲです。ここでは、ちょっとした群落を観察することができました。子供の頃、霧が峰高原でニッコウキスゲの大群落を見ることができましたが、今はとても少なくなっているようです。
c0085622_2241239.jpg
ニッコウキスゲはゼンテイカという名前も持っています。でも、和名の由来ははっきりしないとのことでした。花被片は8cmほどもあります。
c0085622_2242056.jpg
大きな花ですが、朝方開花したものは夕方には閉じてしまうとのことでした。夏の高原には、この花が無くてはならないものです。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-07-24 22:24 | 山野草
<< 山で出会った蛾の仲間-その3 アカボシゴマダラ >>