山で出会った蛾の仲間-その2

c0085622_2245250.jpg
先週足を運んだ山に近い道の駅で、車中泊をしたわけですが、街灯に集まってきた蛾の仲間がたくさんいましたから、夜半から寝る予定が観察と撮影ですっかり狂ってしまいました。前回に引き続き、名前が判明した蛾の仲間の第2弾として紹介します。
今回のトップバッターは、スズメガ科のセスジスズメになります。スッキリした翅の模様が特徴的です。
c0085622_22452696.jpg
続いては、赤褐色の翅が特徴的な小さな蛾の仲間でした。調べたところ、メイガ科のオオウスベニトガリメイガであることが分かりました。
c0085622_22455246.jpg
さて、これもメイガ科のコヨツメノメイガになります。大きめな淡色の斑が4個ありますから、この名前が付いたものと思います。
c0085622_2246331.jpg
これは、スズメガ科のウンモンスズメです。街灯の柱の高いところに止まっていましたから、こんな写真になってしまいました。
c0085622_22462986.jpg
これは、ヒトリガ科のハガタベニコケガです。オレンジ色がかった紅色のちょっと可愛い蛾でした。
c0085622_22464279.jpg
次のこの個体は、メイガ科のツゲノメイガです。青色味がかった翅の色合いが、ちょっと異色で惹かれました。
c0085622_2246534.jpg
最後はヤガ科のオオシラホシアツバです。他の蛾はみな街灯の光が当たる明るい場所に集まっていましたが、これだけは、街灯の光の当たらない薄暗い場所でじっとしていました。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-06-26 22:49
<< ハマヒルガオ ウツギの花 >>