戸隠森林植物園の山野草

c0085622_2137165.jpg
5月14日~15日にかけて野鳥観察を目的に訪問した戸隠森林植物園は、春の花が満開で樹幹を飛び交う鳥の観察もそこそこ、気が付けば下ばかり見て歩いていました。いたるところカタクリの花が咲き競い、東京周辺の3月下旬の様相を呈していました。
c0085622_2137714.jpg
今年初めてのカタクリは都内の野草園で3月中旬に観察しました。その後、4月上旬に御岳山で、中旬に山梨県下の坪山で、下旬に栃木県下の渓流沿いで、そして5月上旬に霧訪山から大芝山にかけてのカタクリの大群落をそれぞれ観察してきました。そしてまた、5月中旬に戸隠で満開のカタクリを観察して、今年はカタクリがとても印象に残る年になりました。
c0085622_21374114.jpg
とてもみずみずしいエンレイソウを観察することができました。ユリ科に属する野草ですが、あまりユリの花には似ていませんね。赤褐色の花びらのように見える部分は、外花被片になるとのことです。
c0085622_21393047.jpg
ミズバショウは戸隠森林植物園の表看板になるくらいたくさん出ていました。おそらくその数は数十万株にもなるのではないかと思うくらいの大群落が、数箇所で観察することができました。
c0085622_21401835.jpg
青い花びらがとても綺麗なキクザキイチゲです。白い花の方がたくさん出ていましたが、何故か私は青い花の方が好きで、気が付けば青い花ばかりを狙って撮影していました。
c0085622_21403651.jpg
撮影したときは、何という花か分からないままシャッターを切っていました。後から調べてみるとキンポウゲ科のオウレンであることが分かりました。
栃木県の星野村にセツブンソウを見に行ったとき、セリバオウレンを観察しましたが、こちらは初めて観察する種類になります。
c0085622_2141433.jpg
ハシリドコロも、これまで撮影したことがありませんでした。ナス科の野草で有毒植物であるとのことですが、ここではみずみずしい状態で観察することができました。
c0085622_21422462.jpg
ショウジョウバカマも群がって咲いていました。これもユリの仲間になるとのことですが、花の形だけを見ているととてもユリ科の野草であるとは思えません。濃いピンク色の花をサル(猩々)の顔にたとえ、てこの名前が付いたとのことです。
c0085622_21424344.jpg
散策路のあちらこちらで、青紫色のこの花を見ることが出来ました。ヤマエンゴサクです。ケシの仲間の野草で、葉の1枚1枚が細いところが特徴です。別名ヤブエンゴサクともいうことがあるようです。
c0085622_2143246.jpg
戸隠の名前が付いたこの花は、トガクシショウマになります。メギ科ということですが、8月に御岳山でたくさん観察できる、よく似たレンゲショウマはキンポウゲ科になるようです。
c0085622_21435317.jpg
こちらはスミレサイシンです。関東地方で観察できるのはナガバノスミレサイシンですが、日本海側にはこのスミレサイシンが主流になります。戸隠も日本海側に近い場所に位置していますから、ここでは普通にたくさん観察できました。
c0085622_22223975.jpg
ミズバショウと一緒に、このリュウキンカもたくさん観察できました。水辺のいたるところに咲いていて、カタクリのピンク、ミズバショウの白とリュウキンカの黄色が良いコントラストになり、戸隠の春先の風景を彩っていました。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-05-31 22:26 | 山野草
<< 渓流のヤマキマダラヒカゲ 高水三山の山野草 >>