イワウチワ

c0085622_221807.jpg
この日訪れた山は、イワウチワの群生地があることで近年特に有名になったようです。上り始めてすぐに急登となりましたが、間もなく素晴らしいイワウチワの花畑と遭遇することができ、疲れも一遍に吹き飛ぶ思いでした。
c0085622_2218676.jpg
花の色は白っぽいものが多かったですが、ここの塊はピンク色に染まったとても綺麗な色合いをしていました。山地のあまり日の当たらない岩地に多く生えているようです。
c0085622_22175296.jpg
とても可憐な花をつけていました。花びらのピンク色は、本当に初々しさを感じさせてくれます。この葉の形から、イワウチワという名前が付いたようです。
c0085622_22171449.jpg
イワウチワの花びらは、5枚に分かれていますが、雄しべも5本出ているのが分かります。1年を通じて、春先だけに見られるこの花は、冬の寒さから目覚めた、春の妖精を髣髴とさせるような存在です。
c0085622_22172536.jpg
後ろから見たところ、濃いピンク色をした萼片も5枚あることが分かります。また、花茎はオレンジ色がかったピンク色をしています。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-04-18 22:41 | 山野草
<< 若葉のヒトリシズカ コツバメ >>