尾根道のヒオドシチョウ

c0085622_22395155.jpg
やっとの思いで急登を上り詰めて尾根道に出たとき、大きなチョウが日向ぼっこしている場所から飛び立ちました。山に来て、今の時期に観察できるこのチョウはヒオドシチョウです。春先の早い時期から観察できますが、成虫越冬しますから、翅の痛んだ個体が多いのもこの時期の特徴です。でも、この個体は、割合綺麗な状態であると思いました。
c0085622_22402415.jpg
ヒオドシチョウの幼虫は、エノキを食草としているそうです。街中や郊外で見る機会はまずありません。山に来て初めて観察できるチョウですから、見つけたときにはそれなりに嬉しさがこみ上げてきます。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-04-05 22:54 | チョウ・ガ
<< ヒメウズ 春のベニシジミ >>