ユキワリイチゲ

c0085622_2038673.jpg
朝方訪れたこの場所では、白くてやや紫色味を帯びた、ユキワリイチゲの花が開き始めていました。暗緑色の葉には、白っぽい斑が入っているのが特徴です。
c0085622_20382867.jpg
陽が射してくるに従がって、次第に花を開いてくれました。この花は、紫色味がしっかりと出ている綺麗な個体でした。
c0085622_2039793.jpg
ここでは、ユキワリイチゲが群生していました。ある程度人の手が入らないと、このような群落は見られないと思います。
c0085622_20384021.jpg
花びらは、やや紫色味を帯びた白色ですが、雄しべは黄色で、中心にある雌しべはやや緑色味を帯びています。
c0085622_20393258.jpg
とても暖かい日差しを浴びて、このユキワリイチゲは踊っているような愛らしい姿を見せてくれました。花茎の高さは10cmから20cmくらいまで色々ありました。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-03-19 21:30 | 山野草
<< カタクリ競艶 谷筋のセリバオウレン >>