谷筋のセリバオウレン

c0085622_229237.jpg
谷筋のわずかな流れに沿って、セリバオウレンが花をつけていました。
キンポウゲ科のオウレンの仲間ですが、葉がセリのような形をしているところから、セリバオウレンという名前が付いたようです。
セリバオウレンは雌雄異株ということですが、花びらのように見える萼片が白いこの花は、雄花になると思われます、
c0085622_229915.jpg
地元の人の話では、これはコセリバオウレンという種類になるということでしたが、私にはセリバオウレンとコセリバオウレンの違いは分かりません。
c0085622_228553.jpg
ちょうど頭をもたげ始めたザゼンソウの脇に花をつけていました。この株はザゼンソウの仏炎苞のように、萼片がわずかに紫色を帯びていますから、雌花になると思われます。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-03-16 22:24 | 山野草
<< ユキワリイチゲ 梅に飛来したアカタテハ >>