早春のセツブンソウ

c0085622_22542555.jpg
今年もセツブンソウを見るために、あしだち(足立・自然にふれあう会)の有志を誘って、栃木県下の星野へ足を運んでみました。
c0085622_22525666.jpg
昨年は、二人と一匹で足を運びましたが時期が遅く、ちょっと残念な結果でしたが、今年は見事な群落をたくさん観察することができました。
c0085622_2253232.jpg
セツブンソウは、石灰岩質の土地に繁殖するとのことですが、確かにこのあたりにはセメントを採掘する工場がたくさんありました。
c0085622_2254788.jpg
白い花びらのように見えているのは萼片になるとのことです。本来の花びらは、黄色く見えている部分で、中央部には青紫色のおしべがたくさん密生しています。
c0085622_22541316.jpg
花の時期を過ぎると、地上から姿を消してしまう、いわゆるスプリングエフェメラルの一種になります。
c0085622_22541982.jpg
春の妖精のような、清楚で可憐な姿をしています。今日はその姿をたっぷり観察させてもらいましたが、その後で同行した仲間は美味しいお蕎麦をたっぷり堪能させてもらいました。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-03-05 23:17 | 山野草
<< 今が盛りのフクジュソウ 日溜りのオオイヌノフグリ >>