ミツマタの蕾

c0085622_1629352.jpg
ミツマタの蕾が膨らみ始めていました。枝先が3本に分かれるところからこの名前が付いたようですが、その昔はこの樹の皮を漉いて和紙の材料としたことでも知られています。
c0085622_1629994.jpg
ミツマタの蕾が大きくなってくると春も近いなと嬉しくなりますが、良く見ると日当たりのよい枝先に、黄色くて小さい花がひとつ咲いていました。
暦の上ではやっと立春となったばかりの日でしたから、ずいぶん早いなと驚きましたが、見つけた喜びもひとしおでした。
c0085622_16292210.jpg
良く見ると、高いところについている枝先では、既に3つばかり花開いていました。今年の冬は特別に寒いなと思っていたのですが、季節は確実に春に向けて動き始めています。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-02-11 16:40 | 植物
<< もう咲いていたウグイスカグラ 咲き始めたナズナ >>