冬に咲く白い花

c0085622_2157658.jpg
朝方の気温は氷点下5度前後まで下がっていました。近くを流れる川では、枯れ草を軸にした氷の芸術品が、様々な形を披露してくれています。
川筋の崖に目をやると、寒々とした景色の中に白くて小さな花が今を盛りと咲いているようでした。何だろうという好奇心が湧いて、早速カメラを向けました。
c0085622_21571246.jpg
近づいて観察すると、どうやらこれは花が咲いた後のタネと白い羽毛状の毛であることが分かりました。
はてさて....撮影したもののどうやって調べればよいのだろうか?
私が持っている植物図鑑には、こんなタネは載っていません。困り果てて図書館へ行き、図鑑を開いてみると、ズバリその写真が載っていました。ボタンヅルのようです。でも、同じ仲間のセンニンソウの種にも良く似ています。私にはどちらか判定はできませんが、冬のこの時期に咲く花を見つけたことで、思わずニンマリしてしまいました。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-01-24 22:15 | 山野草
<< フクジュソウの芽生え 紅いウメの花 >>