ゴゼンタチバナ

c0085622_2156637.jpg
この花も、7月に草津を訪れたときに撮影したものですが、ミズキ科のゴゼンタチバナです。亜高山に生える常緑の多年草とのことです。花の付いている株には、6枚の葉が輪生していますが、花の付かないまだ若い株には4枚の葉が輪生するとのことでした。
c0085622_21561693.jpg
白根山の散策路を歩いてみたところ、いたるところにゴゼンタチバナの花畑を観察することができました。この季節は、緑が色濃くなって、白い花との対比がとても新鮮な感じです。
c0085622_21562536.jpg
あまりにもたくさんの花が咲いていたので、どれを撮影しようかと迷ってしまう状況でしたが、小さくても亜高山で生き抜く生命力を感じました。
名前の由来となっている御前は、石川県にある白山の最高峰の名前から付けられたとのことです。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-09-06 22:15 | 山野草
<< ブチヒゲカメムシ マイヅルソウ >>