マイヅルソウ

c0085622_223631.jpg
7月に足を運んだ草津の山で撮影したマイヅルソウです。白くて小さい花がとても可憐です。初めて見る花でしたから、近寄ってじっくり観察したわけですが、その繊細さに思わず見とれてしまいました。
c0085622_2232388.jpg
2枚の葉を広げた姿を鶴が舞う姿にたとえて名付けられたとのことですが、私の目にはどう見ても鶴が舞う姿には見えませんでした。
マイヅルソウは、ユリ科の野草で、山地から亜高山帯にかけて見られるようです。
c0085622_2231556.jpg
白い花弁から飛び出した蘂を見ていると、なんだか線香花火を見ているような感じがすると思います。花が終わると果実をつけて、熟すと赤い実になるとのことでした。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-09-05 22:17 | 山野草
<< ゴゼンタチバナ ミヤマアカネ >>