アサギマダラの楽園

c0085622_22161454.jpg
キベリタテハやクジャクチョウを観察することができたサワヒヨドリの咲く花畑には、たくさんのアサギマダラが吸蜜を楽しんでいました。あの、海を越えて渡りをするチョウ達が繁殖する場所はここだったのでしょうか。
c0085622_22165251.jpg
ここでは、とてもたくさんのアサギマダラたちを観察することができました。この写真のように、視野の中にはどこを向いても、必ず数頭のアサギマダラがいるのです。正にチョウの楽園とは、ここのことを言うのだろうと思えるほどでした。
c0085622_22164032.jpg

♂♀とも色彩や斑紋はほぼ[同じですが、♂は後翅に黒斑状の性標が出ることで識別することができます。前翅長は55~60mmですから、かなり大きい種類になります。
c0085622_22162737.jpg
幼虫は、ガガイモ科のカモメヅルやキジョランを食草としているとのことです。成虫は、気温の上昇に伴って北上し、気温が下がると南方へと移動しているようです。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-08-23 22:51 | チョウ・ガ
<< ヒメキマダラヒカゲ ミドリヒョウモン >>