レンゲショウマ

c0085622_21592326.jpg
妻と愛犬の二人と一匹で出掛けることがこのところの休日の楽しみになっているのですが、この日は奥多摩の御岳山へ咲き始めたばかりのレンゲショウマを観察に出掛けてみました。
昨年は、8月の終わりに出掛けたのですが、花期は終わりに近い時期でしたから、今年は8月の初めの日を選んでみました。
c0085622_21593146.jpg
大人2枚と犬1枚の往復切符を購入して、ほぼ満員のケーブルカーに乗り込みました。チョコちゃん(愛犬)にとっては、初めての経験となったのですが、そんな中でも落ち着いて周囲の人に愛嬌を振りまいてくれました。
山の上に登ってみると、確かにレンゲショウマは咲き始めていました。でも、本当に咲き始めたばかりで、数えるくらいの花しか見ることができません。殆どが蕾のままでした。
c0085622_21585820.jpg
下界の暑さに比べると、5~6度は涼しいと思います。ロックガーデンで昼食にしようと思いましたが、写真撮影に時間を取られたのと、強烈な日差しの影響で、御岳神社に参拝した頃には暑さに参ってしまい、ためらいも無く長尾平までの行程に変更しました。
この神社は、ヤマトタケルノミコトが東征で道に迷ったところ、現れた犬に救われ、ここに祭られているとのことです。犬のお守りも購入できて、妻は大変満足できたようです。
c0085622_21593897.jpg
レンゲショウマはキンポウゲ科の山野草です。花の形がハスの花のように見え、葉がサラシナショウマのように見えるところからこの名前が付いたということです。暑い夏の時期に、山の上で見るレンゲショウマは、暑さを忘れさせてくれる清涼剤そのものでした。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-08-11 22:36 | 山野草
<< マツムシソウ 珍しいテントウムシ3種 >>