ウスバシロチョウ

c0085622_21432190.jpg
ハクウンボクかウツギの仲間か木の名前はよく分かりませんが、白い花にたくさんのウスバシロチョウが吸蜜のため集まっていました。
名前のとおり翅が薄いので、白い花が透けて見えるのが分かります。
c0085622_21433256.jpg
そういえば、この森では先ほどもトチノキの花の辺りを飛び回る見慣れない蝶がいましたが、あれもきっとウスバシロチョウだったと思います。
一見モンシロチョウの仲間かと思えますが、実はアゲハチョウの仲間になります。胴体部分には、黄色い毛がたくさん生えているのが分かります。
c0085622_21434972.jpg
翅は光沢がありやや黄色味がかっています。成虫は、年1回春にだけ出現するとのことです。
c0085622_21425440.jpg
日本海側の個体は翅の部分に黒色の鱗粉が出るのが多いようですが、太平洋側では白い翅の個体が多いとのことです。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-05-17 22:26 | チョウ・ガ
<< ツクバネソウ 森のチゴユリ >>