キブシの花

c0085622_22592112.jpg
春の山を巡ると、決まって目に付くのがこのかんざしの飾りのように黄色い花が木の枝にぶら下がっているキブシの花です。まだ色づくまでに至らない春の山では、とてもよく目立ちます。
c0085622_22593137.jpg
キブシの木はそんなに大きくはなりませんが、この木にはとてもたくさんの花房がぶら下がって、とても見事な風情でした。
キブシは雌雄異株ということですが、この花が雄花か雌花か、残念ながら私には識別できません。
c0085622_22593951.jpg
今回撮影した後で、写真を整理する段階で調べてみると、キブシはキブシ科の樹木ですが、スミレ目に属するとのことです。はじめて知り、ちょっと驚きました。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-04-21 23:11 | 植物
<< アミガサタケ サクラで吸蜜するルリタテハ >>