フラサバソウ

c0085622_2246034.jpg
春先の暖かい陽光を浴びて、とても小さな花が花開いていました。花の大きさは、直径が3㎜~4㎜ほどしかありません。オオイヌノフグリと同じゴマノハグサ科の仲間になるフラサバソウです。
c0085622_2246882.jpg
図鑑(野に咲く花、山と渓谷社刊)によれば、この花はフランスの植物学者のフランシェとサヴァチェの日本植物目録に長崎で採集されたという記録があったところから名付けられたとのことです。
c0085622_22462712.jpg
ここでは、道端の陽だまりにとてもたくさんのフラサバソウが、お花畑のように群がって咲いていました。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-04-10 23:01 | 山野草
<< 念願のツマキチョウ カンアオイ >>