カンアオイ

c0085622_2236665.jpg
スギの枯葉が散り敷く山の林床では、カンアオイの緑がひときわ目を引きます。ギフチョウ観察に出かけた山の中には、あちらにもこちらにもカンアオイが葉を広げていました。
カンアオイはウマノスズクサ科に属しますが、ギフチョウの食草となっていますから、カンアオイが無ければ当然のことながらギフチョウも存在することができません。
c0085622_22354845.jpg
カンアオイは、地面から直接葉を広げているように見えますが、その根元には筒状の面白い形をした花が開いていました。
しかし、色合いといいその独特の形といい、これが花であるとは教えてもらわなければ見過ごしてしまうような存在でした。
c0085622_22355845.jpg
ここに生育するカンアオイは、まだら模様が特徴のカントウカンアオイという種類になるとのことです。
この株の根元には、3個の花が仲良く顔を覗かせていました。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-04-09 22:49 | 山野草
<< フラサバソウ ミヤマセセリ >>