クロヒラタアブ

c0085622_218409.jpg
とても寒い日が続くこのごろですが、陽だまりのオオイヌノフグリに吸蜜に来たハエの仲間を見つけました。
ハナアブの仲間であろうことは分かりましたが、こんな冬の時期に活動しているこの種類はなんだろうか?この写真を元に調べてみたところ、クロヒラタアブであることが分かりました。
c0085622_2184668.jpg
全長は12~3㎜の小さなハナアブです。ホソヒラタアブのように黄色味が少なく、黒っぽいところからクロヒラタアブと名付けられたのでしょうか?
停空飛翔をしながら花から花へと飛び移り、吸蜜を繰り返していましたが、昆虫類の少なくなったこの時期には、こんなに小さくてもとても嬉しい観察対象です。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-02-06 21:23 | 昆虫
<< ガマズミ センダンの実 >>