陽だまりのオオイヌノフグリ

c0085622_22421830.jpg
道端の陽だまりにオオイヌノフグリが咲いていました。
暦の上ではまだ1月で寒い日が続くというのに、こんな可憐な花を見ると、季節はもう春になっているのだなと実感することができました。
c0085622_22424848.jpg
青くて爽やかな色合いの花びらの上に2本のおしべが乗っているのが目立ちますが、とても特徴的なところだと思います。
c0085622_22425520.jpg
オオイヌノフグリは、どこでも普通に見られる花ですから、古くから日本にあったものと思うのですが、明治以降に入ってきた外来種であるようです。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-01-30 22:53 | 山野草
<< 交尾するナナホシテントウ 春先を彩るウメの花 >>