セイヨウアブラナ

c0085622_22153287.jpg
冬枯れのアシ原の一角に、菜の花(セイヨウアブラナ)が綺麗な黄色い花を咲かせていました。一面褐色の世界で、薄緑色と黄色の彩りはとても目立つ存在でした。
c0085622_2215567.jpg
菜の花は弥生時代に、アブラナは明治時代以降にわが国に入り込んできた外来種だそうです。
c0085622_22154121.jpg
花の部分をアップで撮影したものですが、菜の花は萼片が開きますがセイヨウアブラナは萼片が開出しないとのことです。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-01-07 22:26 | 山野草
<< 越冬中のヨコヅナサシガメ ミノムシ >>